メニューをスキップ
HOME > ユニセフについて > ユニセフの使命
公益財団法人日本ユニセフ協会

ユニセフについて ユニセフの使命

ユニセフの使命 - 新たな決意で

The Mission of UNICEF(ユニセフの使命)は、ユニセフ創立50周年に際して明文化されました。これは、あらゆるユニセフ活動の重要な指針となるもので、1989年の国際連合総会で採択されて以来、世界のほとんどの国で締結されている「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」の精神に基づいています。21世紀を目前にし、あらためてユニセフのあり方と今後の方向性を明確にしたものです。

The Mission of UNICEF(英文) ユニセフの使命(日本語訳要約)

The Mission of UNICEF

UNICEF is mandated by the United Nations General Assembly to advocate for the protection of children's rights, to help meet their basic needs and to expand their opportunities to reach their full potential.

UNICEF is guided by the Convention on the Rights of the Child and strives to establish children's rights as enduring ethical principles and international standards of behaviour towards children.

UNICEF insists that the survival, protection and development of children are universal development imperatives that are integral to human progress.

UNICEF mobilizes political will and material resources to help countries, particularly developing countries, ensure a "first call for children" and to build their capacity to form appropriate policies and deliver services for children and their families.

UNICEF is committed to ensuring special protection for the most disadvantaged children - victims of war, disasters, extreme poverty, all forms of violence and exploitation and those with disabilities.

UNICEF responds in emergencies to protect the rights of children. In coordination with United Nations partners and humanitarian agencies,
UNICEF makes its unique facilities for rapid response available to its partners to relieve the suffering of children and those who provide their care.

UNICEF is non-partisan and its cooperation is free of discrimination. In everything it does, the most disadvantaged children and the countries in greatest need have priority.

UNICEF aims, through its country programmes, to promote the equal rights of women and girls and to support their full participation in the political, social, and economic development of their communities.

UNICEF works with all its partners towards the attainment of the sustainable human development goals adopted by the world community and the realization of the vision of peace and social progress enshrined in the Charter of the United Nations.

先頭に戻る

ユニセフの使命(要約)

ユニセフは、子どもの権利の保護および子どもの基本的ニーズの充足、子どもの潜在的能力を十分に引き出すための機会の拡大を推進すべく、国際連合総会により委任されています。

ユニセフは「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」を規範とし、子どもの権利が恒久的な倫理原則として、また子どもに対する国際的な行動基盤として確立されるように努めます。

ユニセフは子どもの生存と保護、発育が世界の発展、ひいては人類の進歩のための重要課題であると考えます。

ユニセフは政策決定機関に働きかけ、財源や資源を動員することにより、世界各国、とりわけ開発途上国が「子ども最優先」を確実に遂行できるように支援し、各国が力をつけ、国内の子どもとその家族のために適切な政策を立案し、サービスを行えるようにします。

ユニセフは最も厳しい状況にある子どもたち(戦争や災害、極貧、あらゆる形態の暴力、搾取の犠牲となっている子どもたちや、障がいのある子どもたち)が特別な保護を受けられるように努めます。

緊急時においてユニセフは子どもの権利の保護に努めます。国際連合諸機関や人道的機関と協力し、これらの機関がユニセフの緊急援助用設備を使って、子どもや子どものケアをしている人々の苦痛を取り除く支援をします。

ユニセフは中立の機関で、援助対象を差別することはありません。最も厳しい状況にある子どもたちと最も援助を必要としている国が優先して援助を受けます。

ユニセフは各国の事業計画に基づき、女児と女性が平等な権利を獲得できるように支援し、女性が地域社会の政治・社会・経済発展に全面的に参加できるようにすることを目指しています。

ユニセフは諸機関と協力して、国際社会が目指す持続可能な人間開発の目標達成と、国際連合憲章に宣言された平和と社会発展の理想の実現のために努めます。

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る