メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2015年 >

南スーダン
飢餓に脅かされる子どもの命
ユニセフとWFP、大規模な栄養キャンペーン開始

【2015年10月30日  ジュバ(南スーダン)発】

南スーダンでは、390万人以上が深刻な飢餓状態の中で生活を余儀なくされています。近発表された「総合的食料安全保障レベル分類」(Integrated Food Security Phase Classification, 略称IPC)によると、少なくとも3万人が極限状態で暮らし、餓死の危険に瀕しています。推計で約23万7,000人の子どもたちが、重度の急性栄養不良で苦しんでいます。

上腕部を測って、子どもたちの栄養状態の検査を実施。

© UNICEF South Sudan /2015

上腕部を測って、子どもたちの栄養状態の検査を実施。

ユニセフ(国連児童基金)とWFP(世界食糧計画)は29日、南スーダンのワラップ州の25万人以上の子どもたちの命を守るため、各家庭を回って子どもの栄養状態の検査を行う大規模なキャンペーンを開始しました。

様々な要因で栄養不良に

ワラップ州だけでも、2万6,000人の子どもたちが、急性栄養不良に陥っているとみられています。同州は、南スーダンで起きている武力衝突の影響を直接は受けてはいないものの、現在の深刻な食糧難に加え、不十分な摂食量や、妊婦及び子どもの不適切な摂食習慣、病気、保健や栄養分野のサービスへのアクセスが限られていることが、多くの子どもたちを栄養不良に陥らせる要因となっています。

子ども25万人以上の栄養状態を検査

ボルの病院にあるユニセフが支援する病院に入院している女の子。

© UNICEF/UNI198874/Rich

栄養不良でジョングレイ州のボルの病院にあるユニセフが支援する病院に入院している女の子。

今年末までに、25万人以上の子どもたちが、研修を受けた地域のボランティア240人によって栄養状態の検査を受ける見込みです。栄養不良状態だと確認された子どもたちは、保健施設や他の栄養治療センターへ照会されます。地域のボランティアへの研修は、ユニセフとWFPの協力の下、ワラップ州保健省によって実施されており、研修後に各家庭を訪問する地域のボランティアは、栄養や衛生の正しい習慣を通じて子どもたちの健康を保つ方法を母親や保護者に伝えます。各コミュニティに、食糧とともに、重度・中度の急性栄養不良に対する治療ケアサービスへのアクセスを提供することで、栄養不良の予防や治療の面でよりよい成果が出るということが、過去の経験から明らかになっています。

「すべての家庭を訪問することで、栄養不良あるいは病気に陥った子どもたちを照会し、命を守るための治療ケアを提供できるようになります」と、ユニセフ・南スーダン事務所 栄養部門チーフのヴィルマ・タイラーは述べています。

南スーダンの子どもたちのほとんどが、基本的な保健・栄養サービスを受けることができていません。2015年1月以降、深刻な栄養不良に陥った約10万人の5歳未満の子どもたちが、ユニセフが支援する外来の治療ケアプログラムを受けているほか、WFPは中度の栄養不良に陥った20万5,000人以上の5歳未満児を支援しています。


トップページへ先頭に戻る