メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

紛争、貧困、気候変動が生み出す難民・移民
西部・中部アフリカで毎年1200万人
半数以上が子ども
ユニセフ報告書『機会を求めて』発表

【2017年7月5日  ダカール(セネガル)/ ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は本日、新たな報告書を発表し、西部・中部アフリカを移動する人々は毎年1,200万人、うち半数以上が子どもであり、75%はサハラ以南のアフリカに留まり、ヨーロッパを目指す人は5人にひとりに満たないことを明らかにしました。

紛争、貧困、気候変動が生み出す難民・移民

『機会を求めて:西部・中部アフリカを移動する子どもたちの声(In Search of Opportunities: Voices of children on the move in West and Central Africa)』
 

『機会を求めて:西部・中部アフリカを移動する子どもたちの声(In Search of Opportunities: Voices of children on the move in West and Central Africa)』

ユニセフの報告書『機会を求めて:西部・中部アフリカを移動する子どもたちの声(原題:In Search of Opportunities: Voices of children on the move in West and Central Africa)』は、この地域の子どもたちが移動や故郷を追われることになった主な動機や、現在の人口の増加傾向が続き、人々の移動の規模がさらに拡大した場合に地域が受ける長期的な影響について伝えています。

「西部・中部アフリカでは、いまだかつてないほど多くの子どもたちが、身の安全やより良い生活を求めて移動しています」とユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所代表のマリー・ピエール・ポワリエは述べました。「しかし、これらの子どもたちの多くはアフリカの中で移動しており、ヨーロッパなどに向かってはいません。私たちは、移民に関する議論をする際には、すべての移動する子どもたちの弱さを含めるようにし、目的地がどこであろうとも彼らが保護を受けられるように制度を拡大する必要があります」

Migrants sit in the courtyard of a detention centre in Libya, Tuesday 31 January 2017. The detention centre was constructed in 2006 following an agreement between the Italian and Libyan governments in an attempt to stem the flow of migrants reaching Italy. When UNICEF visited the centre on 31 January 2017, the population consisted of 27 women (four of whom were pregnant), one 11-month old child, a four year old, as well as 1,352 men - of which 250 were under the age of 16. The centre is at the crossroads of areas controlled by different militias fighting with each other. For this reason it is a very dangerous centre, for officers who work there and for migrants in detention. The detention centre is currently managed by the Libyan National Army, and most migrants remain there for a period of 8 to 10 months according to the manager Abdalhamad Altunisa. "Children are often alone, they cross 2000 kilometres of desert without their families, and they are rescued at sea without documents”, said Altunisia “this makes it difficult for us to know their real nationality and age. Before 2014 we brought them back to the border to take them back to their countries, but after the last civil war it was much more difficult. Those areas are dangerous even for us”. Migrants who were being held in the cells said they are rarely allowed out. Many of the those being held are sick, and some detainees are said to have passed away because they have no access to medical care. The director of the centre, Altunisa, said "the official government [of Sarraj] does not give us the money to pay salaries and to pay those who bring us food. So often we do not have enough food or drinking water. This winter was particularly cold and in recent weeks 15 migrants froze to death." Libya is a country in turmoil. Since 2014 security is precarious, living is hard, and violence is commonplace. The country is riven with militias in conflict with each other or Government forces. Thousands of children

© UNICEF/UN052603/Romenzi

拘留施設の中庭に座る移民の子どもたち(リビア)2017年1月撮影

この報告書は、複数の国からの移民とその家族に対して行った一連のインタビューに基づいており、彼らの移動に至った動機が貧困だけによるものではなく複数の要因が複雑に絡みあっていることを明らかにしています。この報告書は、西部・中部アフリカの子どもや若者の移民の数は、複数の要因により今後も増加するとしています。要因として挙げられるのは、急増する人口と都市化、経済開発の不公平性、長期化する紛争、脆弱な政府および最も弱い立場にある人々を支援すべき制度の能力不足などです。

気候変動もまた、西部・中部アフリカの人々が故郷を離れる主要な要因です。この地域の気温は、今世紀中に、世界の他の地域の1.5倍以上高い、3度から4度上昇すると推測されています。深刻な洪水や干ばつは、すでに人々から生計の糧を奪い、避難を余儀なくしています。また、気候パターンの変化に適応できず、いくつかの農業形態は維持することがますます難しくなっています。酪農や畜産に必要な限られた資源を巡る緊張が高まっており、敵対行為に発展した村落もあり、さらに多くの人々を都市へと追いやっています。

保護の仕組み強化

家の屋上で遊ぶ難民の子どもたち(リビア)2017年1月撮影

© UNICEF/UN052790/Romenzi

家の屋上で遊ぶ難民の子どもたち(リビア)2017年1月撮影

この地域では、国境内外で、移民や難民の子どもたちの安全と健康を確保するための十分な保護制度が欠如しており、住民と移民の双方の人口増加が予測される中、その格差はさらに顕著になる、とこの報告書は指摘します。報告書はまた、関係国の政策立案者に対して、いかなる移民対策においても常に子どもを中心に据えることを提案しています。そのひとつが、子どもの出身国、通過する国々および目的地の国々まで一貫して子どもたちが守られる保護の仕組みを強化することです。子どもたちが、法的地位に関わらず、保健、教育などの基礎的なサービスを受けられることを確実にするために、各国政府、国連およびNGOパートナー団体による密接な協力が必要不可欠です。

ユニセフは、西部・中部アフリカ諸国、ヨーロッパ諸国ならびに他の地域のすべての政府に対して、難民・移民の子どもたちを保護するための6つの具体的な行動を提示したアジェンダの適用を求めます。アジェンダが掲げる行動目標には以下が含まれます:

  1. 特におとなの同伴者のいない子どもの難民・移民を、搾取や暴力から保護すること
  2. 問題解決につながる様々な代替策を提示することによって、難民認定や移住を求める子どもたちの拘留を終わらせること
  3. 子どもを保護し、法的身分を与えるための最善の方法として、家族が一緒にいられるようにすること
  4. すべての難民・移民の子どもたちに、学び続けられる機会と、保健やその他の質の高いサービスへのアクセスを提供すること
  5. 大規模な難民・移民問題を引き起こしている根本原因に対処する行動を、強く求めること
  6. 難民・移民が通過する国々や目的地の国々において、外国人に対する嫌悪、差別、社会的排除と闘う対策を促すこと

ユニセフは、この6つの具体的な行動のアジェンダに加え、世界の人々に対しても、戦争、暴力や貧困によりふるさとを追われた子どもたちと、連帯し寄り添うように強く求めるキャンペーンも開始しました。“#AChildIsAChild”キャンペーンは、ソーシャルメディアを通して、これまでに200万人以上の人々から支持を受けています。

【関連動画】


トップページへ先頭に戻る