メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2016年 >

エクアドル大地震
被災した子ども、推定15万人
水、教育、保護が最優先
浄水剤2万錠など、支援物資の提供急ぐ

【2016年4月17日  キト(エクアドル)/パナマ/ニューヨーク/ジュネーブ発】

2016年4月16日の現地時間午後18時58分にエクアドル沿岸部を襲った地震は、マグニチュード7.8の規模で、特にマナビ州、エスメラルダス州、グアヤス州、サントドミンゴ州、サンタエレナ州、ロスリオス州の6つの州で大きな爪跡を残しました。確認される死傷者数は増え続け、直接的な被害を受けた子どもの数はおよそ15万人と見積もられています。

被災した子ども15万人

エクアドルの地震被災地へ向かうユニセフのスタッフ。

©Unicef Ecuador/2016

エクアドルの地震被災地へ向かうユニセフのスタッフ。

エクアドル政府の要請を受け、ユニセフをはじめ人道支援機関による現地調査や支援の調整が始まっています。ユニセフは、緊急支援専門家を被災地に派遣し、子どもたちの被災状況を調査すると同時に、最も被害が深刻なペデルナレスに2万錠の浄水剤を届けました。

ユニセフは他人道支援機関と連携しながら、水と衛生、教育、子どもの保護の分野を中心に支援を続けます。これまでに確認されているだけで、64の学校が大きな被害を受けており、学用品や仮設教室用のテントなどの支援も予定されています。また、病気の予防や家族とはぐれた子どもたちの保護、被災した子どもへの心理社会的支援などを優先的に進めます。

【関連動画】


トップページへ先頭に戻る