メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

アフリカ栄養危機緊急募金

アフリカ栄養危機緊急募金 発信情報

2022年アフリカ栄養危機緊急募金

11月3日 第17報 飢餓と栄養不良が広がる南スーダン 人口の3分の2が急性食料不安に直面するおそれ 8月23日 第16報 8/23~9/1は「世界水週間」 アフリカの角とサヘル地域で進む干ばつ 緊急支援のニーズ高まる 7月19日 第15報 エチオピア干ばつ 子どもの急性栄養不良が43%増加 ソマリ州からユニセフ緊急支援局長が報告 6月7日 第14報 アフリカの角 栄養不良による入院、死亡が大幅増 差し迫る危機に再び国際社会の関心を 5月25日 第13報 栄養危機 アフリカの子どもの消耗症がさらに拡大 柔軟な長期的資金支援を強く訴え 4月22日 第12報 アフリカ干ばつ 1,000万人以上の子どもが影響 急性栄養不良、水不足も深刻化 2月15日 第11報 ソマリア 深刻な干ばつ被害 140万人の子どもが急性栄養不良の可能性 10月18日 第報 干ばつ、治安悪化が続くソマリア 「1分に1人」子どもが重度急性栄養不良で入院 ユニセフ、長期的な投資を呼びかけ 9月6日 第報 アフリカ干ばつ ソマリアで最も深刻な「飢きん」目前 1月以降子ども730人が死亡 8月14日 第報 アフリカの角地域 過去40年間で最悪の干ばつが発生 子どもたちが栄養危機に 10月20日 第報 プリヤンカー・チョープラー・ジョナス、ケニア訪問 ユニセフ親善大使として干ばつ地域の病院や家庭へ 「何百万人もの子どもが命を落とす可能性、今すぐ行動を」 2月8日 第報 東部・南部アフリカ地域 気候の影響による緊急事態が頻発 干ばつや水不足に加え、熱帯低気圧の被害 8月30日 第報 【オンライン開催報告】TICAD8公式サイドイベント 危機下にあるアフリカの子どもたちのために 日本とユニセフのパートナーシップ

2021年アフリカ栄養危機緊急募金

8月9日 第10報 エチオピア北部 子ども含む民間人への襲撃に強い危機感 地域では栄養危機悪化、人道的停戦を 7月26日 第9報 マダガスカル 子どもの急性栄養不良4倍に増加 4年続く干ばつで飢饉間近 6月14日 第8報 エチオピア・ティグライ州 食料不足で子ども3万3,000人が命の危機 紛争被害により危機悪化 6月10日 第7報 エチオピア・ティグライ州 急激な食料不安、35万人が壊滅的状況 ユニセフなど国連機関が警鐘

2020年アフリカ栄養危機緊急募金

4月21日 第6報 世界の食料危機 食料不安は55カ国で1億3,500万人 紛争や気候変動が主要因 2月3日 第5報 中央サヘル地域 480万人に食料危機の恐れ 紛争による移動や治安悪化が要因 12月30日 第7報 忘れられた栄養危機 コンゴ民、ナイジェリア、南スーダン等 1,040万人の子どもが急性栄養不良に 7月17日 第報 西部・中部アフリカ 急性栄養不良、当初見込みの20%増加予測 COVID-19と食料不安で悪化

2019年アフリカ栄養危機緊急募金

11月5日 第4報 ソマリア 大洪水の被害を受けた20万人の子どもたち 栄養不良や疾病発生のリスク高まる 2月22日 第3報 南スーダン 700万人が深刻な食糧不足のリスク 再び飢饉の危険も 2月18日 第2報 中央アフリカ共和国 和平合意署名歓迎 子どもの権利の保護、今こそ実行を 6月14日 第報 南スーダン 約700万人が深刻な食糧不足の恐れ 3月12日 第報 コンゴ民主共和国・カサイ地域 子ども26万人が重度の急性栄養不良 帰還民の急増が保健・教育サービスを圧迫 7月15日 第報 世界の飢餓人口、8億2,000万人以上 3年連続の増加に国連5機関が警鐘

2018年アフリカ栄養危機緊急募金

5月3日 第1報 西アフリカ・サヘル地域:例年より早い「飢餓の季節」の到来 子ども160万人が重度の急性栄養不良に