メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

ウクライナ東部
130万人が深刻な水不足に
戦闘による人道危機が深刻化

【2015年7月14日ジュネーブ/キエフ(ウクライナ)発】

ドネツク州に水を運ぶボランティアのスタッフ。
© UNICEF/NYHQ2015-0279/Filippov
ドネツク州に水を運ぶボランティアのスタッフ。

ユニセフ(国連児童基金)は14日、紛争が続くウクライナ東部で給水施設の損傷により深刻な水不足が起こっており、最大130万人が深刻な水危機に直面していると発表しました。

深刻な水危機

「今、ウクライナ東部の人々が最も緊急に必要としているのが水です。紛争の被害を受けているドネツク州とルガンスク州の最大130万人が、飲料水を手に入れることが難しくなっています」と、ユニセフ・ウクライナ事務所代表のジオバンナ・バルベリスは話しました。

ルガンスク州内の政府の支配下にない地域では、子ども11万8,000人を含む47万人以上が、安全な水の入手に大きな問題を抱えています。多くの家庭が、トラックで輸送されてくる水に頼るか、近隣の村まで出かけて井戸の水を汲まなければならないのです。

ウクライナ東部のルハーンシクで、トラックから水を汲む住民たち。
© People in Need/2015
ウクライナ東部のルハーンシクで、トラックから水を汲む住民たち。

ドネツク州の政府支配地域で、50万人の人口を持つ都市マリウポリでは、爆撃で破壊されてしまったセベルスキー・ドネツドンバス水路から、もはや水を得ることはできなくなりました。そのため、この街はすぐに枯渇してしまう貯水タンクに頼らざるをえません。ここ数週間の雨不足と猛暑で、住民の状況は非常に厳しくなってきています。人々が水を安全に溜めたり輸送することができないため、水に起因する病気のリスクが高まる可能性があります。

必要資金の81%が不足

1月以降、子どもを含む5万4,000人以上が必要不可欠な衛生物資を受け取っています。

ユニセフはウクライナの子どもたちのための今年分の緊急人道支援に必要な資金として、5,580万米ドルを国際社会に要請しています。これまでのところ、ユニセフが確保できたのは1,048万米ドルで、必要資金の81%が不足しています。直ちに大規模な資金調達ができなければ、ユニセフは紛争の影響を受けている人々に安全な水を届けることができなくなります。

2014年3月に紛争が始まって以来、およそ140万人がウクライナ国内で避難民となりました。うち少なくとも17万4,000人が子どもです。ウクライナ東部の人道危機は、170万人の子どもを含む500万人以上の人々に影響を与えています。

トップページへ先頭に戻る