メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

TAP PROJECTイベント『COLOR OF WATER』
8/13(木)〜8/17(月)東京・代官山にて開催
きれいな水を、世界の子どもに

【2015年8月11日東京発】

日本では蛇口をひねると安全な水が簡単に手に入ります。
一方、世界では、汚れた水とトイレや衛生習慣の欠如が原因で、平均して毎日1,000人近くの子どもの未来が下痢により奪われています。

2007年にニューヨークで始まったTAP PROJECT。「TAP WATER」とは英語で「水道水」を意味します。「きれいな水を、いつでもかんたんに手にすることができる」。それは、世界的に見れば、決して当たり前の話ではない、ということを知り、すべての子どもたちが安全な水にアクセスできるように活動するプロジェクトです。

7年目を迎えたTAP PROJECT JAPAN

8月1日(土)から9月末までの2カ月間、全国のプロジェクト参加レストランやカフェにおいて提供されるお水やお茶に対して、みなさまに任意の募金をお願いしています。具体的には、お店でお客様にお水やお茶が出される際に、お店の方々からプロジェクトのご紹介やご協力のお声がけをしていただき、チップの感覚で任意の金額を協力いただきます。

これらTAP PROJECTに寄せられた募金は、アフリカ・マダガスカルの農村部でユニセフが実施する水と衛生の活動に役立てられています。

マダガスカルの子どもたちに安全な水を

これまでTAP PROJECTを通じた募金、および一般の方々から直接寄せられた「マダガスカル 水と衛生募金」により、マダガスカルの農村部の47校の小学校とコミュニティに対し、45カ所の井戸などの給水設備が建設され、14,000人以上の子どもたちとその周辺の地域住民が、清潔で安全な水を利用できるようになりました。さらに、学校には合計142基のトイレが設置され、衛生教育も進められています。

2015年は、参加されるレストランやカフェのみなさまには、TAP PROJECTの特設サイトから様々なツールをダウンロードして、お店での活動に自由に活用いただける形をとっています。また一般の皆さまには、身近なお店にこのプロジェクトを紹介して参加をすすめるといったかたちでも、ご協力をお願いします。

8/13(木)〜8/17(月)東京・代官山にて期間限定イベント開催

TAP PROJECTの一環として8月13日(木)から17日(月)までの5日間、東京・代官山にて期間限定のイベント『COLOR OF WATER』が開催されます。

安全でない水源の水を汲むギニアの男の子
© UNICEF/NYHQ2009-2330/Kamber
安全でない水源の水を汲むギニアの男の子
道路にひかれた水道管から流れてくる水を集めるシエラレオネの子どもたち。
© UNICEF/SRLA2011-0340/Asselin
道路にひかれた水道管から流れてくる水を集めるシエラレオネの子どもたち。
会場では、これまでの支援でマダガスカルの首都から約900km離れた農村部ヴァンゲインドラノ地区に設置した、井戸の実物を再現。
© 日本ユニセフ協会/satomi matsui
会場では、これまでの支援でマダガスカルの首都から約900km離れた農村部ヴァンゲインドラノ地区に設置した、井戸の実物を再現。

私たちの身の回りに当たり前にある透明な水。しかし、水の色がすべて水色や透明とは限りません。地域によっては、土、泥、ごみ、病原菌や寄生虫など、命を脅かすさまざまな危険を含んでいる水。実に様々な“水の色”が存在します。その水で生活している地域があること、不衛生な水を利用する人々が世界で6億6,300万人もいることを多くの人に気付いてもらい、どうすれば世界中の人びとが安全な水源*へのアクセスを得られるようになるのかを一緒に考え、支援の輪を広げることを目的としたイベントです。

© TAP PROJECT JAPAN 2015

会場では、スマートフォンからお気に入りの写真を選び、会場のある場所に向かって投げる動作をしていただきます。デジタル技術により、その写真から、「きれいな水を、世界に届けたい」という想いをモチーフにしたあなただけのオリジナル・ステッカーができあがります。この『COLOR OF WATER』をご体験いただいた方に、オリジナル・ステッカーを差し上げます。会場にて任意の募金にご協力ください。 水への想いを、あなたのそばに〜。多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

注釈)
* 外部からの汚染、特に排泄物による汚染から十分に保護される構造を備えている水源・給水設備

【開催期間】2015年8月13日(木)〜17日(月)
【開催時間】平日:11:00-19:00 土日:11:00-20:00
【会場】代官山T-SITE GARDEN GALLERY
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町16-15
入場無料
アクセス

※TAP PROJECT 2014は、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただいたパートナー企業各社のご協力によって運営されています。

* * *

© UNICEF/#Wateris happiness/

ユニセフは、安全な水源を利用できない問題や、衛生的な飲料水がない生活を送る6億6,300万人の人々についてより多くの方々に知っていただくため、グローバルソーシャルメディアキャンペーンを展開しています。フェイスブックやツイッター、インスタグラムのアカウントで、ハッシュタグ(#WaterIs)を用い、「自分にとって水とは?」をテーマに投稿してください。自由に意見を交わしあうことで、関心を高めていきます。

ユニセフ本部のSNSアカウントは以下の通りです。
FacebookTwitter(@UNICEFwater)Instagram

【関連ページ】

トップページへ先頭に戻る