メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

中部・東部ヨーロッパと中央アジア
子どもたちの司法へのアクセス限られる
ユニセフ報告書

【2015年6月3日 ブリュッセル(ベルギー)発】

本日発表されたユニセフ(国連児童基金)の新たな報告書「中部・東部ヨーロッパと中央アジアにおける子どもの司法への公平なアクセス(Children’s Equitable Access to Justice in Central and Eastern Europe and Central Asia)」によると、これらの地域で暴力の被害を受けた子どもたちのほとんどが、声を上げ、司法に訴えることができていないことが明らかになりました。

子どもたちの司法制度へのアクセスの権利

本報告書では、子どもたちが受ける差別や不当な扱いに対して公平で効果的な解決策を求めようとするときに直面する、大きな壁が浮き彫りになっています。

一方、司法制度における注目すべき進展も言及されています。中部・東部ヨーロッパと中央アジア地域の政府は、子どもの権利を守るための裁判所や警察署での手続きを、国際的な基準に沿う形で改善しています。また、司法手続きを受ける子どもたちへの法的・準法的・社会的な支援の提供も徐々に進んでいます。子どもたちやその家族は、子どもの権利センターや法律相談所を通じて、救済に向けた情報の入手、法的・社会的アドバイス、弁護士や医者、臨床心理士やその他サービスの紹介を受けることができます。なかには、司法手続きを始めるために直接的な法的支援を受けられるケースもあります。

ユニセフ本部子どもの保護部門チーフのスーザン・ビッセルは、「あらゆる場所で、毎日、子どもたちは暴力や虐待の被害を受けています。しかし、子どもの最善の利益を考慮した決定を行うことができる、公正な司法制度にアクセスすることのできる子どもたちは、極めて限られています」と、報告書の発表が行われた会議の場で訴えました。

© UNICEF CEECIS/BLG2015-0049/Noorani

「子どもたちの司法制度へのアクセスの権利には、依然として多くの人々が考えも及んでいません。ユニセフは政府や主要なパートナー団体に、司法改革のすべてのレベルで、子どもたちが持つ特別な権利とニーズを考慮に入れるように訴えています」

報告されない子どもの権利の侵害

会議は、欧州議会子どもの権利委員会の協力のもと、ユニセフ中部・東部ヨーロッパ地域事務所と欧州基本権機関によって開催されました。

この地域ではその他にも、以下のような、報告されていない、あるいは裁判に訴えられていない子どもの権利の侵害も起こっています。

  • 障がいのある子どもたちが学校に通う権利の侵害や、強制的な両親との引き離し。
  • ロマの子どもたちや農村部で暮らす貧しい家庭の子どもたちのための保健サービスや身分証明書、社会保障の欠如。
  • 離婚手続きにおける養育権問題での、子どもの最善の利益の考慮の不足。

このような子どもの権利の侵害に関する司法や行政の決定は、その他の子どもたちの先例となり、子どもたちの将来において、人生を一変させるような大きな影響があります。

地域に深く根付いた社会的・文化的信念により、子どもたちが家族以外のおとなに家庭内や学校、コミュニティでの権利の侵害について打ち明けること、ましてや司法制度を通して訴えることは、子どもたちが自身や家族への報復を恐れることから、非常に難しくなっていると報告書は述べています。

© UNICEF CEECIS/BLG2015-0165/Noorani

特に弱い立場に置かれる子どもたち

報告書は、特にアルバニア、ジョージア、キルギスタン、モンテネグロに焦点をあてています。調査は国際開発法機構(IDLO)と共に実施されました。

報告書によれば、調査が行われたすべての国の大多数の子どもたちが、困難な状況に陥った際に助けを求めることができる特別なサービスや支援の存在を知りませんでした。なかでも最も弱い立場に置かれているのが、貧困家庭やロマの子どもたち、そして障がいのある子どもたちです。

司法プロセスに訴えることができた場合も、専門家による法的支援を受けられず、複雑で長期にわたる手続きに直面したと子どもたちは語っています。

* * *

参考情報:
本報告書の調査結果は、2015年6月3日に行われた「ヨーロッパのすべての子どもたちに司法へのアクセスを」を掲げた会議で、子どもたちの司法へのアクセスに関するその他の新たな報告と共に発表されました。会議は、毎年行われている「子どもの権利に関する欧州フォーラム(European Forum on the Rights of the Child)」に関連して行われ、政策立案者や弁護士と共に、すべての子どもたち、特に弱い立場に置かれている子どもたちが、公正でインクルーシブな(だれもが受け入れられる)司法制度にアクセスができるようにするための課題やアイデアが話し合われました。

トップページへ先頭に戻る