メニューをスキップ 公益財団法人日本ユニセフ協会
HOME > パートナー > 協力企業・団体 > 企業協力の事例 >イオン1%クラブ >セーフウォーターキャンペーン

イオン1%クラブ

セーフウォーターキャンペーン

2010年カンボジア・ラオスの水・衛生事業を支援する目的でこのキャンペーンがスタートし、現在はミャンマーとカンボジアの2カ国を支援しています。毎年キャンペーン期間を設け、全国イオングループの店舗と事業所で、お客さまや従業員を対象に募金活動を実施しています。さらに、イオンのプライベートブランド「トップバリュ」のミネラルウォーター(500ml)の購入を通じた寄付(1本販売につき5円)、本キャンペーン大使である川嶋あいさんが参加されるイベントの実施を通じて、海外における水環境の現状をより多くの方に知っていただくとともに、水の大切さをともに考え、行動することが目的で実施するキャンペーンです。

期間中その募金金額と同額に、ミネラルウォーターの販売による寄付を上乗せした金額がイオン1%クラブから日本ユニセフ協会に贈呈されます。

▲このページの先頭にもどる