メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2019年 >

イエメン
紛争の影響を受け続ける120万人の子どもたち
停戦合意以降も続く子どもの犠牲 イエメンの未来のための投資求める
ユニセフ地域事務所代表声明

【2019年2月25日  サヌア(イエメン)/ジュネーブ発】

イエメン人道危機に関する支援会合に先立ち、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表ヘルト・カッペラエレはイエメンの子どもたちの状況について、以下の通り声明を発表しました。

* * *

停戦合意以降も続く子どもの犠牲

Saba recovers from malnutrition  Millions of children across Yemen face serious threats due to malnutrition, in particular, and the lack of basic health services, in general. All these threats are caused by the ongoing war and hostilities in the country, especially in Hudaydah governorate. UNICEF continues to reiterate the call by the United Nations for a ceasefire in Yemen to enable the delivery of urgently needed humanitarian assistance to children. Saba, a girl from Bajel - Hudaydah, in Yemen, suffers from severe malnutrition and complications of fever and diarrhea. She is at risk of imminent death due to malnutrition and the disastrous war conditions in Yemen that cast a shadow over all areas of Yemen. In Hudaydah, children face the risk of death due to the lack of food or the expansion of battles to residential areas, including hospitals that provide emergency healthcare services to the affected families. Ashwaq Al-Raei, Saba's mother, says that they have no money because her husband doesn’t work currently.  “Because of the war, my husband couldn’t find work in order to get money. Additionally, we haven’t received assistance from the local organizations in Hudaydah. This has severely affected Saba,” she added. Dr. Waleed Ibrahim works at the Al Qatea UNICEF-supported Therapeutic Feeding Center(TFC) that is run by Tayba Foundation for Development. Cases of severe malnutrition are admitted at the center to receive treatment. The center provides meals for mothers attending to their sick children too.  Dr. Waleed says that Saba arrived in the center suffering from acute malnutrition with complications of fever and diarrhea”. “She weighed 5.7 kilograms while children of her age are supposed to be 8 kilogramms", he added. Saba lives with her parents, three brothers and six sisters. They are all at risk of malnutrition due to the war and lack of a source of income for the family to afford full meals.  Ashwaq, Saba’s mother, said that she bree

© UNICEF/UN0276434/Almahbashi

大切そうにヤギを抱える女の子。(2018年10月撮影)

イエメンでは、紛争に関連した激しい暴力が起きているホデイダ、タイズ、ハッジャ、およびサアダを含む31の紛争地域に今でも120万人近くの子どもが暮らしています。

2018年12月13日のストックホルムにおける停戦合意以降、イエメンの子どもたちの状況はほとんど変わっていません。その後も毎日、8人の子どもが死傷しています。犠牲になった子どものほとんどは、外で友人と遊んでいるとき、あるいは通学途中に被害に遭いました。

紛争はイエメン全土に深く浸透し、影響を受けていない子どもはひとりもいません。過去4年間にわたる大規模な暴力ならびに極度の貧困、そして、何十年にもわたる紛争、ネグレクトや搾取がイエメン社会に重い負担をかけ、あらゆる社会、特に子どもたちにとって基礎となるべき社会構造が断絶されています。

イエメンの未来のための投資求める

治療用ミルクを飲むサバちゃん。(2018年10月撮影)

© UNICEF/UN0276444/Almahbashi

治療用ミルクを飲むサバちゃん。(2018年10月撮影)

ユニセフはパートナー団体と共に、世界最悪の人道危機に陥っているイエメンの子どもたちと家族の極めて大きなニーズに応えるために規模を拡大して人道支援活動を行っています。世界銀行と協働し、イエメンの最も貧しい150万家族に対して、彼らが児童労働、児童婚や、徴兵・徴用などの極限の生存手段に走ることを回避するために緊急現金給付支援を行っています。また2018年だけで、34万5,000人以上の重度の栄養不良の子どもたちを治療し、80万人近くのトラウマを抱えた子どもたちに心理社会的ケアを提供しました。

ユニセフは、イエメンの子どもたちの膨大なニーズに応えるために今年必要な資金として5億4,200万米ドルを求めています。そしてすべての紛争当事者に対して、戦闘地を含むイエメン全土での暴力を終わらせ、一般市民を守り、子どもたちに危害が及ばないようにし、子どもたちと家族がどこにいようとも必要な人道支援を届けられるようにすることをあらためて要求します。

今週、国際社会がジュネーブで開催されるイエメン人道危機に関するハイレベル支援会合に集う中、ユニセフは、イエメンの子どもたちの命を守るための無条件の支援を求めると同時に、世界のすべての親が自分の子どもたちに願うのと同じ将来をイエメンの子どもたちが持てるようにするための大規模な再投資を強く呼びかけます。これこそがイエメンが自分の足で歩んでいけるための唯一の道です。そうしなければ、イエメンには暴力が蔓延し、その未来に光はなく、子どもたちを待ち受けるのは悲惨な結果だけです。


トップページへ先頭に戻る