ナイジェリア北東部:ユニセフ関係者含む7名死傷・行方不明 人道支援従事者への攻撃増加に懸念 メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

ナイジェリア北東部
ユニセフ関係者含む7名死傷・行方不明
人道支援従事者への攻撃増加に懸念 ユニセフ・西部・中部アフリカ地域事務所代表声明

【2018年3月2日  ダカール(セネガル)発】

ナイジェリアの北東部で人道支援従事者が攻撃され、殺害・行方不明になったことについて、ユニセフ(国連児童基金)西部・中部アフリカ地域事務所代表のマリー・ピエール・ポワリエが以下の声明を発表しました。

* * *

ユニセフ関係者含む7名死傷・行方不明

3月1日に、ナイジェリア北東部ボルノ州のラン(Rann)において人道支援従事者が攻撃に遭い、3人が死亡、3人が負傷、1人が行方不明になったとの報告に、ユニセフは衝撃を受けています。

犠牲となった3人のうち1人と行方不明になっている看護士1人は、ユニセフと協力して、勇敢にも、最前線で最も必要とされるサービスを提供する活動に就いていました。犠牲となった他の2人は国際移住機関(IOM)の職員でした。

私たちは、最も困難な人道的状況のなかで、献身的に他者のために尽くしている人道支援専門家に対する今回の攻撃を、厳しく非難します。

世界で活動する人道支援従事者に対する攻撃の数は警戒すべきレベルに増えており、私たちは結束して彼らを保護する決意を新たにしなければなりません。人道支援従事者は、決して攻撃の対象にされてはならないのです。

ユニセフは、犠牲者のご遺族とすべてのIOM職員に、心よりお悔やみ申し上げます。私たちは政府と協力して、行方不明者の安全な帰還に向けて引き続き努力してまいります。


トップページへ先頭に戻る