メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

新型コロナウイルスの子どもへの影響
教育、栄養、暴力、健康 国連による新報告書

【2020年4月16日  ニューヨーク発】

新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが加速するなか、迫り来る世界的な不況は、今年さらに数十万人の子どもの命を奪い、乳児死亡率の低下における近年の成果を大きく覆す恐れがあることを、16日に発表された国連報告書が明らかにしました。

* * *

新型コロナウイルスの子どもへの影響

マザーリシャリーフでCOVID-19啓発のためのリーフレットを手にする男の子。(アフガニスタン、2020年4月15日撮影)

© UNICEF/UNI321506/Fazel

マザーリシャリーフでCOVID-19啓発のためのリーフレットを手にする男の子。(アフガニスタン、2020年4月15日撮影)

新たな調査結果に関する声明の中で国連事務総長のアントニオ・グテーレスは、世界的危機の中で子どもたちを支援するための緊急の行動を求めました。「幸いにも、これまでのところ子どもの多くはこの感染症の最も重篤な症状から免れています。しかし、子どもたちの生活は完全に混乱した状態です。世界中の家庭、そしてあらゆるリーダーたちに訴えます。子どもを守りましょう」

本報告書では、パンデミック、そしてその対策が社会や経済に及ぼす影響が、世界の何百万人もの子どもたちにとって深刻なものになる可能性について指摘しています。教育、食料、安全や保健を含む、主要な分野で危機がどのように子どもたちを危険に晒しているのかについて説明しています。

ロックダウン下の教育

臨時休校を受けて閉鎖されたリッジフィールドの小学校の校庭。(米国、2020年3月18日撮影)

© UNICEF/UNI312343/McIlwaine

臨時休校を受けて閉鎖されたリッジフィールドの小学校の校庭。(米国、2020年3月18日撮影)

パンデミックによって、世界のほぼすべての子どもが学校に通えない状況にあります。約190カ国で休校措置がとられ、15億人の子どもと若者に影響を及ぼしています。本報告書は、子どもたちの今日の学習、そして将来の成長における影響を測るのは困難だと述べています。

「一部の学校では遠隔学習を行っていますが、これはすべての子どもが利用できているわけではありません」と事務総長は述べたうえで、低速で高価なインターネットサービスを利用している国の子どもたちはひどく不利な状況に置かれていると付け加えました。

数百万人が学校給食を逃している

カイロの自宅で待機している間、父親とスムージー作りを楽しむ女の子。(エジプト、2020年3月27日撮影)

© UNICEF/UNI321594/El-Dalil

カイロの自宅で待機している間、父親とスムージー作りを楽しむ女の子。(エジプト、2020年3月27日撮影)

もう一つの重要な懸念事項は子どもの栄養だと、本報告書は指摘しています。パンデミック以前でさえ、子どもの栄養不良と発育阻害は許容できない水準にありましたが、学校が休みのため、給食を頼りにしていた約3億6,800万人の子どもたちが、日々の栄養を摂取できずにいます。一方、急に実施されたロックダウンによって、食品業界のサプライチェーンと地域の市場が混乱するリスクが生まれ、食品が手に入らないという重大な脅威をもたらしています。

家庭とオンラインの安全

キエフの自宅でオンライン授業の課題に取り組む7歳のズラータさん。(ウクライナ、2020年4月15日撮影)

© UNICEF/UNI321763/Filippov

キエフの自宅でオンライン授業の課題に取り組む7歳のズラータさん。(ウクライナ、2020年4月15日撮影)

本報告書によると、世界の子どもの約6割が、完全または部分的なロックダウンを実施している国で暮らしています。危機が深まるにつれ、家庭でのストレスレベルも上昇し、家庭に閉じ込められた子どもたちは、家庭内暴力や虐待の被害者やその目撃者になるでしょう。また、「女の子が学校を中退し、10代の妊娠が増えるというリスクもあります」(グテーレス)

今週の初め、ユニセフ(国連児童基金)とパートナー団体は、教育と社会との関わりのためにテクノロジーに依存する子どもが増えるにつれ、オンラインでの虐待や搾取のリスクが高まっていると報告しました。事務総長は、ソーシャルメディア企業がネット上で子どもを守る上での特別な責任について強調しました。

子どもの健康への影響

ジュバのNyakuronプライマリ・ヘルスケア・センターで、経口ポリオワクチン(OPV)を投与される生後4カ月のアミンちゃん。(南スーダン、2020年3月24日撮影)

© UNICEF/UNI317187/Ryeng

ジュバのNyakuronプライマリ・ヘルスケア・センターで、経口ポリオワクチン(OPV)を投与される生後4カ月のアミンちゃん。(南スーダン、2020年3月24日撮影)

これまでのところ、COVID-19における子どもの感染率は「非常に低い(far milder)」ですが、本報告書では、子どもの健康において広範で深刻な影響があることを指摘しています。COVID-19の患者であふれている病院や保健医療施設では、子どもたちが通常通りのケアを受けることが難しくなっています。失職したり、収入が減少している世帯は、生活に不可欠な医療費と食費の削減を余儀なくされ、特に子ども、女性、授乳中の母親に影響を及ぼしています。

また、ポリオの予防接種キャンペーンが中断されたため、最後のポリオ常在国であるアフガニスタンとパキスタンでは、根絶に向けた取り組みが遅れています。さらに、23カ国で合計約8,000万人の子どもを対象にしていたはしかの予防接種キャンペーンが中断されています。

「世界的な不況が加速すると、2020年にはさらに数十万人もの子どもの命が奪われるおそれがあります」とグテーレスは警鐘を鳴らしました。このシナリオによって、過去2〜3年間の乳児死亡率の低下の進展が大きく覆されます。「この驚くべき数字は、危機によって中断されたサービスを考慮に入れていません。それは経済と死亡率の間の現在の関係を反映しているだけであるため、実際の影響より小さく見積もられている可能性が高いです」と報告書は指摘しています。

子どもたちのための行動

COVID-19のもたらした危機は前例のないものですが、子どもと人類のための「前例のない国際的な連帯」の機会でもあります。政府は、家庭への社会的支援を展開・拡大し、食料品のサプライチェーンと地域の食品市場を安定化し、学校教育、栄養プログラム、妊産婦・新生児ケアなどのサービスの継続性を優先することにより、子どもへの意図しない影響に対処するよう求められています。

最も弱い立場に置かれた子どもたちの保護策を提案

本報告書はさらに、移民、難民、少数民族、障がいのある子ども、スラムで暮らす子どもなど、最も弱い立場に置かれた子どもたちの具体的な保護策について提案しています。物理的な距離をとることやロックダウンにおける基本的な戦略を、都市部における低所得地区、難民キャンプ、紛争地帯などの場所でも適用しなければなりません。

本報告書では、国連があらゆる状況下で活動し、子どもたちのために行動する世界の国々を支援する準備があることを強調しています。グテーレスは、次のように述べています。「パンデミックによって、非常に多くの子どもたちが危機に直面しているため、私は緊急の呼びかけを繰り返します。子どもたちを、彼らの幸福を私たちの手で守りましょう」


トップページへ先頭に戻る