メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

ユニセフの「フレンドネーション」
プロゴルファー 勝みなみ選手
『家でできる!ゴルフがうまくなる練習法』にチャレンジ! 賛同の寄付は新型コロナウイルス緊急募金へ

【2020年4月28日  東京発】

オンラインで世界の子どもたちのための募金活動を始められるプラットフォーム、ユニセフの『フレンドネーション』。誰もが簡単に募金ページを立ち上げ、周りの方に応援や賛同の寄付を呼びかけることができます。この度『フレンドネーション』に、プロゴルファーとして活躍する勝みなみ選手が参加します。

勝みなみ選手

提供:All-Grip株式会社

勝みなみ選手

『家でできる!ゴルフがうまくなる練習法』にチャレンジ!

勝選手は、自宅でできるトレーニング動画を配信し、取り組みへの賛同の代わりにユニセフへの寄付を広く呼びかけます。募金ページで集められた寄付は、すべてユニセフを通じて、医療体制が脆弱な途上国で命の危険に晒されている子どもたちを新型コロナウイルス感染症(COVID-19)から守る活動を支える、「新型コロナウイルス緊急募金」に充てられます。

今回でフレンドネーションの募金ページの立ち上げが2度目となる勝選手。昨年は、シーズンの年間バーディ数の記録(371個)更新を目指す、という挑戦で参加しました。

今年も同じ目標を携えてフレンドネーションに参加する予定でしたが、COVID-19の流行を受けツアーの開始時期が未定となってしまったため、「今できることを」、と急遽新しい取り組みを考案しました。外出が制限される中、「自宅で私と一緒に体を動かし、ともに現状の危機を乗り越えていきましょう」と勝選手は述べています。

 

『家でできる!ゴルフがうまくなる練習法』にチャレンジ!#STAYHOME #おうち時間

勝選手のプロジェクトページ は、こちらからご覧いただけます。

※ チャレンジ実施期間中、プロジェクトページの新着情報を随時更新する予定です。

 

■ 勝みなみ選手 コメント

「世界的な新型コロナウイルスの流行によって、みなさんも普段通りの生活を過ごすことが出来ず、大変な思いをされている方々も多いと思います。そこで、私は『家でできる!ゴルフがうまくなる練習法』の動画の公開にチャレンジすることにしました!自宅で私と一緒に体を動かし、ともに現状の危機を乗り越えていきましょう。いま大事なことは世界中のみなさん、一人ひとりが責任ある行動によって、この苦難を乗り越える事だと思います。

ユニセフによると、世界の約4割、30億人の方々が、家で水と石けんで手を洗うことが出来る環境にないそうです。コロナウイルスの猛威は、そんな衛生環境が整っていない、世界の子どもたちの命をも脅かしています。是非、私の動画に共感いただけた方は、世界の子どもたちを救うために、応援のご寄付をお願いいたします。『いま、スポーツにできること』にこれからも積極的にチャレンジしていきたいと思います!!」

 

* * *

公益財団法人 日本ユニセフ協会(東京都港区・会長:赤松良子)は、2018年秋、一般の方々(ファンドレイザー)が慈善団体などに替わって寄付を呼びかける、欧米では「ピア・トウ・ピア(Peer-to-peer)ファンドレイジング」と呼ばれる新たな形の募金活動、『フレンドネーション』をスタート。日本ユニセフ協会大使の長谷部誠選手はじめ、多くの方々が『フレンドネーション』のサイト上で自身のプロジェクトページを立ち上げ、ソーシャルメディア等を通じて自身のチャレンジへの応援や賛同の形としての寄付を呼びかけてくださっています。

ユニセフ『フレンドネーション』ホームページは、こちらからご覧いただけます。


トップページへ先頭に戻る