メニューをスキップ
日本ユニセフ協会

お知らせ

赤松良子会長 逝去のお知らせ(訃報)

2024年2月7日発

2008年より日本ユニセフ協会会長として、世界と日本の子どもたちのための活動を率いてまいりました、赤松 良子(あかまつ・りょうこ)が、6日、急逝いたしました。

日本ユニセフ協会は、赤松良子会長のこれまでのご尽力に深く感謝いたしますとともに、心から哀悼の意を表します。

今後、お別れの会を開催する予定です。日付など詳細が決定次第、追ってお知らせいたします。

(2月14日追記)

略歴

大阪府出身。1953年東京大学卒業。同年、労働省入省。1979-82年国連代表部公使(ニューヨーク)。1983-86年労働省婦人局長。1985年の男女雇用機会均等法の成立に深く関わる。1986-89年駐ウルグアイ特命全権大使、1993-94年文部大臣。2003年、旭日大綬章授章。

1989年より、日本ユニセフ協会理事(1993~1994年を除く)
2008年6月より、日本ユニセフ協会会長、代表理事

 

関連ページ