世界の紛争地の子どもたち 攻撃と暴力の一年 人間の盾、強姦、強制結婚、拉致も戦争の手段に メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

世界の紛争地の子どもたち
攻撃と暴力の一年
人間の盾、強姦、強制結婚、拉致も戦争の手段に ユニセフ、紛争地の子どもの保護を要請

【2017年12月28日  ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)はこの1年を通し、世界の紛争地域では、紛争当事者が最も弱い立場にある人々を保護することを目的とした国際法をあからさまに無視し、そこに暮らす子どもたちが驚くほどの規模の攻撃を受けた、と警鐘を鳴らしました。

攻撃と暴力の一年

On 16 January 2017 in the Syrian Arab Republic, a child carries manuals distributed by UNICEF volunteers in the area following an informative session on identifying and reporting unexploded objects in Al- Sakhoor neighbourhood of East Aleppo.  UNICEF-supported volunteers are going door-to-door to talk to children, adolescents and parents about the risk of remnants of war. Since last November, more than 80,000 people have received life-saving information through house visits, awareness sessions, recreational activities for children and informative magazines and flyers detailing steps to identify and report these objects.  After fleeing months of fighting and attacks in East Aleppo, families returning to their partially-destroyed houses are faced with new dangers. The widespread presence of Unexploded Explosive Ordnance (UXO) in the area is exposing children to new life-threatening risks. In east Aleppo city, six children died in December when they were playing with unexploded remnants of war. Many more were injured.  UNICEF is urgently providing mine risk education for children and their families as they return to potentially dangerous areas.  UNICEF-supported partners and volunteers are going door-to-door to talk to children, adolescents and parents about the risk of remnants of war. Since last November, more than 80,000 people have received life-saving information through house visits, awareness sessions, recreational activities for children and informative magazines and flyers detailing steps to identify and report these objects.

© UNICEF/UN055818/Al-Issa

ユニセフが配布した地雷教育用のマニュアルを手にする子ども。(シリア)2017年1月撮影

「子どもたちは家で、学校で、そして公園で、攻撃の対象にされ、攻撃や残虐な暴力に晒されています」とユニセフ本部緊急支援局長のマヌエル・フォンテーヌは 述べました。「このような攻撃が何年も続いていても、私たちはそのことに対して反応を鈍らせてはいけません。このような残虐行為を新たな日常にしてはならないのです」

世界中で起きている紛争では、子どもたちは前線の攻撃対象とされ、人間の盾として使われ、殺害され、生涯残る傷を負わされ、戦闘に徴兵・徴用されます。強姦、強制的な結婚、拉致、奴隷化することが、イラク、シリア、イエメンからナイジェリア、南スーダン、ミャンマーまで、各地の紛争で広く一般的な戦術となっています。

いくつかの地域では、過激グループに拉致された子どもたちが、解放され治安部隊に拘留された際に再度虐待を受けることがあります。さらに何百万人もの子どもたちが、これらの紛争の代償を間接的に払わされています。戦闘により食糧、水、衛生や保健などの社会サービスが奪われ、ダメージを受け、破壊され、子どもたちは栄養不良、病気、そしてトラウマに苦しんでいます。

 

■2017年のデータ:

  • アフガニスタンでは、今年1月から9月までの間に700人近くの子どもが殺された。
  • 中央アフリカ共和国では、紛争が再燃してから数カ月で暴力が劇的に増加し、子どもたちは殺され、強姦され、拉致され、武装勢力に徴兵・徴用された。
  • コンゴ民主共和国のカサイ地域では、暴力により、85万人の子どもが家を追われ、200カ所の保健センターと400校の学校が攻撃された。35万人の子どもが重度の急性栄養不良に陥ったと推定される。
  • ナイジェリア北部とカメルーンでは、ボコ・ハラムが、昨年のほぼ5倍にあたる、少なくとも135人の子どもに自爆攻撃を強要した。
  • イラクとシリアでは、子どもたちは人間の盾として利用され、包囲された地域に閉じ込められ、狙撃兵に狙われ、集中砲火と暴力の中で暮らした。
  • ミャンマーでは、ロヒンギャの子どもたちが、ラカイン州で攻撃され家を追われ、衝撃的かつ大規模な暴力を経験し目撃した。カチン州、シャン州およびカイン州の国境近くの遠隔地に暮らす子どもたちは、ミャンマー政府軍と諸民族の武装グループの間の緊張の影響を受け続けている。
  • 南スーダンでは、紛争と経済の崩壊により一部の地域で飢饉が宣言され、2013年12月の紛争勃発以来、1万9,000人以上の子どもが武装勢力や武装グループに徴兵・徴用され、2,300人以上の子どもが死傷した。
  • ソマリアでは、今年1月から10月の間に報告された徴兵・徴用された子どもの数が1,740人にのぼる。
  • イエメンでは、約1,000日間の戦闘により、確認されただけで、少なくとも5,000人の子どもが死傷した。実際はさらに多い数字になると予測される。1,100万人以上の子どもが人道支援を必要としている。栄養不良に苦しんでいる180万人の子どものうち、38万5,000人は重度の栄養不良に陥っており、緊急に治療を受けなければ死に至るリスクを抱えている。

 

A Rohingya child works on a drawing depicting a helicopter attacking homes at a Child-Friendly Space in Balukhali refugee camp, Cox's Bazaar, Bangladesh, Sunday 29 October 2017. As at 20 October 2017, well over half a million Rohingya people have crossed into Bangladesh’s southern district of Cox’s Bazar since late August after escaping horrific violence in neighbouring Myanmar. They have joined some 200,000 others who came in earlier refugee influxes. Almost 60 per cent of the latest arrivals are children, crossing at a rate of between 1,200 and 1,800 per day.  High levels of severe acute malnutrition among young children have been found in the camps, and antenatal services to mothers and babies are lacking. Support for children traumatised by violence also needs to be expanded. Expanding the provision of safe water, sanitation and improved hygiene for Rohingya children is the top priority, amid concerns over a possible outbreak of diarrhoea and other waterborne diseases. Most Rohingya children are not fully immunized against diseases such as measles. UNICEF is also focused on providing Rohingya children with learning and support services in child-friendly spaces, and working with our partners to address gender-based violence. UNICEF is calling for an end to the atrocities targeting civilians in Myanmar’s Rakhine State, and for humanitarian actors to be given immediate and unfettered access to all children affected by the violence there.  At present, UNICEF has no access to Rohingya children in Northern Rakhine State. At the end of September 2017, UNICEF announced that it is planning to establish more than 1,300 new learning centres for Rohingya children who have fled Myanmar to neighbouring Bangladesh. UNICEF is running 182 learning centres in Rohingya camps and makeshift settlements in Cox’s Bazar, and has enrolled 15,000 children. It plans to increase the number of learning centres to 1,500, to reach 200,000 children over the next year. The learning c

© UNICEF/UN0143092/LeMoyne

ロヒンギャ難民の子どもが描く絵。(バングラデシュ)2017年10月29日撮影

ユニセフは、すべての紛争当事者に対して、国際法が定める責任を果たし、直ちに子どもに対する暴力と学校や病院などの市民の生活に不可欠な施設やインフラへの攻撃を終わらせるよう求めます。ユニセフは、紛争当事者に影響力を持つ各国政府に対しても、その力を子どもの保護のために使うよう求めます。

これらのすべての国々で、ユニセフはパートナー団体と協力し、最も弱い立場にある子どもたちに対して、保健、栄養、教育および子どもの保護サービスの分野での支援を提供しています。


トップページへ先頭に戻る