メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

ニジェール
市民への武力攻撃を強く非難 ユニセフ事務局長声明

【2021年1月5日  ダカール/ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)事務局長のヘンリエッタ・フォアは、ニジェールで発生した武装グループによる市民への攻撃を受け、以下の声明を発表しました。

* * *

市民への武力攻撃を強く非難

先週の土曜日、ニジェールのマリとの国境近くにあるチョマ・バングー(Tchoma Bangou)村とザルマダレイエ(Zaroumadareye)村において、非国家武装グループが市民に対し恐ろしい攻撃をおこなったことを深く憂慮しています。非公式の情報ではありますが、17人の子どもを含む少なくとも100人が死亡したとされています。

未確認の報告によると、命を落とした子どもたち(男の子10人、女の子7人)は全員16歳未満でした。何人かは焼死だったようです。

人数は明らかではないですが、生き残った子どもたちも暴力で重傷を負い、さらに多くの子どもたちがその地域から避難しています。少なくとも11人の子どもが家族と離れ離れになりました。

このような恐ろしい事件の前にも、ニジェールのディファ州トゥムール(Toumour)において昨年12月に残忍な攻撃があり、10人の子どもを含む45人の死者を出しました。この攻撃によって、重要な食料備蓄、水のインフラ、2つの教室が破壊され、約2万1,000人が影響を受けました。

このような理不尽な暴力と子どもたちや家族の命を無視した行為は、可能な限り強く非難されなければなりません。こうした凶悪な行為は、子どもの権利と国際人道法および国際人権法に対する重大な侵害です。ユニセフは、子どもたちとその家族、地域社会に対する攻撃を直ちに止めることを求めます。

また、犠牲になった方々のご家族に深い哀悼の意を表すとともに、ニジェール全土の子どもたちと家族を支援する決意を新たにしています。ユニセフは、生存者と被害を受けた人々を支え、すべての子どもたちの権利を守るために、ニジェール政府を支援する準備ができています。


トップページへ先頭に戻る