メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

エルサレム衝突
子ども29人が負傷、子どもの拘束も ユニセフ声明

【2021年5月9日  アンマン/東エルサレム発】

エルサレムで続く衝突で子どもたちが被害を受けていることを受け、ユニセフ(国連児童基金)中東・北アフリカ地域事務所代表のテッド・チャイバンとユニセフ・パレスチナ事務所特別代表のルシア・エルミは、共同で以下の声明を発表しました。

* * *

子ども29人が負傷

この2日間で、旧市街やシェイク・ジャラ地区を含む東エルサレムで、パレスチナ人の子ども29人が負傷し、8人が拘束されました。

負傷者の中には1歳の幼い子どもが含まれており、頭部や脊椎を負傷して病院に運ばれた子どももいます。この地域では、300人近くが負傷したと報告されています。

ユニセフは、負傷者の救助や避難のための救急車の到着が制限され、現地の診療所も襲撃されたとの報告を受けています。

子どもの拘束も

すべての子どもたちは、暴力から守られ、いかなる時も危険から遠ざけられるべきです。また、家族はすべての礼拝所に行くことができ、負傷者は無条件で支援を受けられなくてはなりません。

ユニセフはイスラエル当局に対し、子どもに対する暴力を止め、拘束されている子どもたちをすべて解放するよう求めます。子どもの拘束は最後の手段であり、可能な限り短い期間であるべきです。

一方、ガザ地区、ヨルダン川西岸の一部、そしてイスラエル南部では、特にこの24時間の間に、憂慮すべき暴力の再開がありました。ユニセフは、関係するすべての当事者に対し、これ以上の激化を防ぎ、すべての民間人、特に子どもたちを守るよう呼びかけています。


トップページへ先頭に戻る