メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

パートナー 協力企業・団体

ミャンマー指定募金

関西・中四国17生協より、2015年度からご支援いただいています。(ミャンマー現地での活動は2016年7月から開始)

ミャンマーの子どもと女性の現状

© UNICEF Myanmar/2010/Myo Thame

近年の民主化や政治改革に伴い、子どもや女性の生活も改善されつつあります。しかし、公共サービスへの投資が少なく、地域、ジェンダー、民族によって所得などの面で大きな格差があるため、貧困地域、農村部、遠隔地に住む子どもや女性たち(特に少数民族)は、基礎的なサービスを受けられません。

[ミャンマーの子どもの指標] 【参考資料】世界子供白書2016

☆5歳未満児死亡率(2015年):出生1,000人中50人
☆5歳未満児死亡率の順位(2015年):195カ国中44位
☆5歳未満児年間死亡数(2015年):46,000人
☆出生時の平均余命(2015年):66歳
☆妊産婦死亡率(2015年):10万人中280人

支援活動内容

「ミャンマーの女性と子どものための栄養支援」プログラム

●活動例

  1. 質の高い栄養指導を行う保健員の育成
  2. 微量栄養素を乳幼児と妊娠中・授乳中の女性に配布
  3. 急性栄養不良児への栄養治療ミルクの提供
  4. 栄養改善に向けた意識・行動変容のための広報活動

●これまでの成果(2016年7月〜2017年6月)

  • 520人の保健員が“乳幼児の栄養改善”についての研修を受けました
  • 7,000人の子どもに微量栄養素パウダーを提供
  • 9,160人の妊産婦に鉄分・葉酸タブレット、ビタミンB1を提供
  • 30の病院に急性栄養不良に苦しむ子どものための栄養強化ミルクを提供
  • 16,200人の妊産婦の女性が"乳幼児の栄養改善"について理解

 

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る