メニューをスキップ
公益財団法人日本ユニセフ協会

パートナー 協力企業・団体

東ティモール指定募金

東北7県と九州・沖縄6県の生協より2014年度からご支援いただいています。
(東ティモール現地での活動は2015年7月から開始)

東ティモールの子どもと女性の現状

©UNICEF/NYHQ2012-1508/James Alcoc

東ティモールは面積も小さく、2002年にできたばかりの新しい国家です。人口は約120万人で、その半分以上が子どもで占められています。経済的に前進を続けているものの、社会開発指標は悪く、未だに子どもたちは不利な状況に置かれ続けています。

[東ティモールの子どもの指標] 【参考資料】 世界子供白書2016

☆5歳未満児死亡率:出生1,000人あたり53人
   (出生18人に1人が命を落とします)
☆妊産婦死亡率:10万人あたり570人
☆ 5歳未満児の発育阻害率:50%

[東ティモールで子どもの死亡率や妊産婦死亡率が高い主な要因]

☆赤ちゃんや母親への適切な保健ケアの習慣がない
☆貧しい家庭の子どもや母親が保健サービスを利用しない
☆正しい衛生習慣の欠如

支援活動内容

「東ティモールにおける新生児と母親のためのコミュニティ保健ケアの改善」プロジェクト

コミュニティのボランティアからなる母親支援グループを各集落に置き、家庭内での妊産婦の保健・栄養ケアの推進や赤ちゃんとお母さんを対象に保健サービスの利用促進活動を行います。

●活動例

  1. 医療従事者などの人材育成、母親支援グループへの研修
  2. 小児用医療機器の提供、指導用教材の開発
  3. 保健ケア習慣の実態調査
  4. 保健省への保健制度強化に向けた政策提言

●これまでの成果(2015年7月〜2017年6月)

  • 特に保健サービスが限られているアイナロ県とエルメラ県で、看護師や助産師などの330名医療従事者に対して、
    新生児ケアや小児疾病、出産、予防接種などに関する研修を実施。
  • 乳幼児用の体重計、急性呼吸器感染症計測器、蘇生用キットなどの小児用医療機器をエルメラ県の18
    保健センターに提供。
  • エルメラ県での母親支援グループメンバー273人への研修。

 

トップページへコーナートップへ戻る先頭に戻る