メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関連した
地域社会の子どもたちへのマスク使用に関するアドバイス

【2020年8月21日  ジュネーブ発】

一部報道があった5歳以下のマスク着用に関する情報の元となるWHO/ユニセフの「暫定ガイダンス」は下記になります。日本語は仮訳となりますので、英語原文はWHOのホームページをご覧ください。

 

文書の目的(暫定ガイダンスより一部抜粋)
本文書は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19) パンデミックに関連して、子ども用マスクの使用に関する政策を伝えるために、意思決定者、公衆衛生専門家、小児衛生専門家にガイダンスを提供するものです。本文書は、子どものそばで働く大人、保護者、医療現場での子ども用マスクの使用には対応していません。この暫定ガイダンスは、新たなエビデンスが得られ次第、改訂・更新される予定です。

WHOとユニセフは、このトピックに関する新たなエビデンスと、この中間ガイダンスに影響を与える可能性のある変化がないか、状況を引き続き注意深く監視しています。何らかの要因が変化した場合には、WHOとユニセフは更なるアップデートを発行します。そうでない場合、この暫定ガイダンス文書は、発行日から 6 カ月後に失効します。


トップページへ先頭に戻る