メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

ユニセフ・ラブウォーク開催報告
桜吹雪が舞うなか、529名がウォーキング
ユニセフに関するクイズラリーも

【2018年4月2日  東京発】

2018年4月1日(日)、第36回ユニセフ・ラブウォーク中央大会を開催いたしました。

当日は天候にも恵まれ、大人353名、子ども176名の計529名もの方々が参加してくださいました。

桜の花びらが舞うなか、笑顔で歩く参加者の姿が多くありました。

©日本ユニセフ協会/2018

桜の花びらが舞うなか、笑顔で歩く参加者の姿が多くありました。

桜の花びらが舞う中で

目黒川周辺と大使館をめぐる6kmまたは12kmのコースを歩いた参加者のみなさんは、桜の花びらが舞う中で思い思いに写真を撮ったりしながら、春の日のウォーキングを楽しまれていました。

また、コースの数か所にはユニセフの活動に関するクイズラリーを実施。

ウォーク終了後も、ユニセフハウスの展示を訪れてくださる方々が多くいらっしゃいました。

コース内の4箇所でクイズラリーを実施。ユニセフの活動に関する様々なクイズが出題されました。

©日本ユニセフ協会/2018

コース内の4箇所でクイズラリーを実施。ユニセフの活動に関するクイズが出題されました。

穏やかな春の陽気の中、お花見の名所でもある目黒川沿いを歩きました。

©日本ユニセフ協会/2018

穏やかな春の陽気の中、お花見の名所でもある目黒川沿いを歩きました。

参加者の子どもたちからは、

  • 「初めての参加だったけれど、天気が良くて楽しく歩くことができた。」(ボーイスカウト、新小学2年生)
  • 「思っていたよりも距離を短く感じた。桜を見ることができて良かった。」(ガールスカウト、新高校1年生)

など、多くの嬉しい感想をいただきました。

本イベントの参加費は、ユニセフ募金として開発途上国の子どもたちの健康に役立てられます。

たくさんの方々のご参加、ありがとうございました!

ユニセフハウスの前では、到着した子どもたちにパディントン君が駆けつけてくれました。

©日本ユニセフ協会/2018

ユニセフハウスの前では、到着した子どもたちをパディントンが出迎えました。

 

第36回 JVA認定 ユニセフ・ラブウォーク 中央大会について

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る