会員制サイト等で「ユニセフ」等の名前を利用して募金を呼びかける行為にご注意ください メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

会員制サイト等で「ユニセフ」等の名前を利用して
募金を呼びかける行為にご注意ください

【2018年8月2日  東京発】

先月末より、下記サイトにおいて、日本ユニセフ協会の募金口座への振込を条件として、個人に同サイトで使用可能なポイントなどの利益を付与することを約束したり、同サイトからのメールにおいてそのような約束がされているとの情報が当協会に寄せられています。

日本ユニセフ協会が同サイトにおいてユニセフ募金活動を行うことを承諾したことはなく、このようなサイトやメールは、ユニセフや日本ユニセフ協会とは一切関係がございません。十分ご注意ください。

<情報が寄せられたサイト名> 

  • レジット (resi-ted)

 

<メール文例> 

  • 「お客様は当選いたしました。配送を承っております。送料をお振り込みください」
  • 「ポイントを贈呈しました。ポイントの引き出しには、『善意のバトン』として寄付をした方が対象です」
  • 「一定程度の金額を寄付した方に、特典を進呈いたします」

 

もし、ご意思に反した寄付をされてしまった場合は、下記にご相談ください。

日本ユニセフ協会フリーダイヤル 0120-881052 (月~金 午前9時~午後6時)

 

尚、日本ユニセフ協会は、「レジット」を運営する株式会社white paperに対し、同社ホームページおよび同社が会員の方向けに送信するEメール上での、ユニセフや日本ユニセフ協会の名称を使った募金活動と募金口座の記載を、即時停止するよう要請いたしました。

 

(2018年8月17日一部追記)

 

 


トップページへ先頭に戻る