メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

ユニセフの職員・関係者を名乗り
金銭や個人情報を騙し取る行為にご注意ください。

【2019年1月6日  東京発】

ユニセフの職員・関係者を名乗り、「あなたに金銭的な支援をしたいので、その手数料を払ってほしい」 「自身の活動費用を支援してほしい」 「自分の荷物を一時的に保管してもらいたいので、住所を教えてほしい」 などの話をSNSやEメールでもちかけ、金銭を騙し取ったり、個人情報を聞き出そうとする詐欺行為が報告されています。

ユニセフもユニセフの職員も、このような依頼は一切行なっておりません。ご注意ください。

外務省ホームページでも、国連職員の名をかたる詐欺に関し注意を喚起しています。詳しくは「【要注意】国際機関職員を騙る振り込め詐欺について」(外務省サイト)をご覧ください。

なお、被害に遭ったと思われる場合は、最寄りの警察署へご相談ください。

 

 


トップページへ先頭に戻る