メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2021年 >

元旦に生まれる赤ちゃん
世界で37万人、日本は2,400人 2021年はユニセフ創設75周年

【2021年1月1日  ニューヨーク発】

2021年の元旦、日本では推定2,432人の赤ちゃんが生まれるだろうと、ユニセフ(国連児童基金)は本日述べました。日本で生まれる赤ちゃんは、世界で生まれる推定37万1,504人の赤ちゃんの約0.6%を占めます。

元旦にもたらされる新しい命を祝福

2020年1月1日 0時10分に2,900グラムで生まれたミティエリちゃん。(フィジー、2020年1月撮影)

© UNICEF/UNI259392/Chute

2020年1月1日 0時10分に2,900グラムで生まれたミティエリちゃん。(フィジー、2020年1月撮影)

2021年、ユニセフは元旦にもたらされる新しい命を祝福します。世界では、元旦に生まれる赤ちゃんの半数以上が以下10カ国で生まれると推定されています。

2021年には、世界で1億4,000万人の子どもが生まれます。

「子どもたちは、1年前とでさえ全く異なる世界に生まれてきます。新年は、その世界を新たに創造する機会でもあります」とユニセフ事務局長のヘンリエッタ・フォアは述べました。「今日生まれる子どもたちは、私たちが彼らのために作り始めた世界を受け継ぐことになります。2021年を、子どもたちのために、より公平で、より安全で、より健康的な世界の構築に着手する年にしましょう」

また、2021年はユニセフ創設75周年の年でもあります。ユニセフはパートナーとともに、紛争、病気、排除から子どもたちを守り、彼らの生存、健康、教育の権利を守ってきた75年間を記念してイベントや発表などを行う予定です。

1 インド 5万9,995人
2 中国 3万5,615人
3 ナイジェリア 2万1,439人
4 パキスタン 1万4,161人
5 インドネシア 1万2,336人
6 エチオピア 1万2,006人
7 米国 1万312人
8 エジプト 9,455人
9 バングラデシュ 9,236人
10 コンゴ民主共和国 8,640人

再創造(Reimagine)キャンペーン開始

病院で出生証明書を受け取った母親と生まれたばかりの赤ちゃん。(カメルーン、2020年3月)

© UNICEF/UNI339642/

病院で出生証明書を受け取った母親と生まれたばかりの赤ちゃん。(カメルーン、2020年3月)

「世界が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック、経済の減速、貧困の増大、不平等の深化に直面している今日、ユニセフの活動の必要性はかつてないほど高まっています。過去75年間、紛争、避難、自然災害、危機のなかで、ユニセフは世界の子どもたちのために活動してきました。新年を迎えるにあたり、私たちは子どもたちを守り、子どもたちの権利のために声を上げ、子どもたちがどこに暮らしていようとも、その声を確実に届けるとあらためて約束します」(フォア)

ユニセフは、パンデミックが子どもたちにとって永続的な危機になることを防ぐためのグローバルな取り組み「再創造(Reimagine)」キャンペーンを開始しました。より良いパンデミック後の世界に向けて行動を起こし(respond)、取り戻し(recover)、再創造する(reimagine)ために、参加するよう政府、市民や民間部門に向けて呼びかけています。

※推定出生数は、『国際連合世界人口予測 2019年改訂版』(The 2019 Revision of World Population Prospects)の年間出生数の指標を用いて算出。

【関連動画】


トップページへ先頭に戻る