ユニセフハウスが30万人目の来館者をお迎えしました メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2017年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

ユニセフハウスが30万人目の来館者をお迎えしました

【2017年6月8日  東京発】

ユニセフハウス累計来場者30万人目となった、福井県坂井市立丸岡南中学校のみなさん

© 日本ユニセフ協会/2017

ユニセフハウス累計来場者30万人目となった、福井県坂井市立丸岡南中学校のみなさんには、ユニセフハウス来館30万人達成の記念証書をお渡ししました。ユニセフハウスの展示ボランティア、日本ユニセフ協会スタッフも加わって、記念撮影。

ユニセフの活動や世界の子どもたちの状況を学べる場所として、日本ユニセフ協会が、2001年7月、東京都港区高輪にオープンしたユニセフハウス。開館からもうすぐ16年となる6月8日(木)、30万人目の来館者をお迎えしました。

来館30万人に

福井県坂井市立丸岡南中学校のみなさんからのユニセフ募金を、日本ユニセフ協会の早水専務理事が受け取り、感謝状を贈呈しました。

© 日本ユニセフ協会/2017

学校の募金活動で集まったユニセフ募金を、日本ユニセフ協会の早水専務理事に手渡す、丸岡南中学校のみなさん。早水専務理事は、ユニセフ募金活動に対する感謝の気持ちを込めて、感謝状を贈呈しました。

30万人目の来館者となったのは、福井県坂井市立丸岡南中学校のみなさん。学校の募金活動で集まったユニセフ募金を手に、修学旅行の一環として、この日ユニセフハウスを訪問しました。丸岡南中学校の生徒、細川りりかさんは、「学校で募金活動をしました。周りの人を助けたい、というあたたかい気持ちが伝わって良かったです」と感想を述べました。

ユニセフハウスには、途上国の保健センターや学校、給水設備やトイレ、緊急支援時のテント等、ユニセフの「現場」を再現した世界唯一の常設展示スペースや、ミニシアターなどがあり、日本全国から、修学旅行や社会科見学の児童・生徒、親子連れなど、多くの方が訪問されます。また、期間限定で行っている企画展示もあります。現在は「シリアの小さな声」と題し、7年目を迎えたシリア危機下で世界に逃れた、シリア難民の子どもたちの想いを紹介しています。

詳しくは、特設サイト「ユニセフハウスへようこそ」をご覧ください。

 

ユニセフハウスには、下記の開館時間内で、どなたでもお越しいただけます。

みなさまのご来訪をお待ちしております。

  • 【開館日・時間】 : 平日 (午前10時〜午後6時)と 第2・4土曜日(午前10時〜午後6時)
  • 【閉館日】:日曜・祝祭日・第2・4以外の土曜日、年末年始、当協会創立記念日(6月9日)

 

【関連ページ】


トップページへ先頭に戻る