メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2018年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

10月15日は世界手洗いの日
ルー・大柴さんが子どもたちと
『世界手洗いダンス』で仲良く手洗い! 10月15日(月)11:00より イクスピアリ(浦安市舞浜)にて

【2018年10月12日  東京発】

10月15日は世界手洗いの日。今年は、ルー大柴さんによる「ユニセフ手洗いダンス教室」をイクスピアリ(千葉県浦安市舞浜)で、11時から開催します。

10月15日は世界手洗いの日

手洗いダンスを踊る、ルー大柴さん(2016年撮影)

©日本ユニセフ協会

手洗いダンスを踊る、ルー大柴さん(2016年撮影)

今、世界で、5歳になる前に亡くなる子どもは年間540万人。その多くは、予防可能な病気などが原因です。せっけんを使った正しい手洗いの普及によって、世界で約100万人の命が守れると言われています。10月15日の「世界手洗いの日」にあわせ、毎年、世界100カ国以上で 、“正しい手洗い”を学んでもらうための様々なイベントなどが開催され、2億人以上の子どもたちが参加しています。

日本ユニセフ協会は、2009年に日本国内でユニセフ「世界手洗いの日」プロジェクトを開始。子どもたちに“正しい手洗い”を広めるとともに、世界の子どもたちの状況や衛生の問題などについて伝えています。特に、約1分間の「世界手洗いダンス」は、子どもたちが楽しく手洗いを覚えられるツールとして、日本各地のイベントで活用されています。

正しい手洗い、できていますか?

日本ユニセフ協会が先月行った調査によると、日本でも子ども(3才~高校生)の74%が、1回の手洗いにかける時間を20秒(正しい手洗いに必要とされる時間)未満と答えました。また、手洗いで洗うべき6カ所(手のひら、手の甲、指の間、爪、手首、親指の周り)のうち、爪や親指の周りを洗えている子どもは2割に届きません。日本でも、手洗いは決して十分とは言えません。10月15日当日は、東京ディズニーリゾート®内の商業施設イクスピアリにて、タレントのルー大柴さんが先生となって、楽しく踊りながら子どもたちに正しい手洗いを伝えます。

当日参加も可能です。ぜひお立ち寄りください!

 

イベント概要

ルー大柴さんが教える!イクスピアリで「ユニセフ手洗いダンス教室」

日時:      10月15日(月) 11:00~11:30

会場:       イクスピアリ 2Fセレブレーション・プラザ
(千葉県浦安市舞浜1-4/JR舞浜駅・南改札を出てすぐ)

参加受付: 10:45~(無料)

内容:       正しい手洗いの6つのポイントを楽しく覚えることができる「世界手洗いダンス」を、タレントのルー大柴さんが子どもたちに伝授します。

*11:30からは、本プロジェクトのボランタリー・パートナー企業である花王(株)提供による「あわあわ手洗い講座」など、手洗いに関する他イベントもございます。併せてぜひご参加ください。

 


トップページへ先頭に戻る