メニューをスキップ
日本ユニセフ協会
HOME > ニュースバックナンバー2020年 >

日本ユニセフ協会からのお知らせ

一番身近にいるおとなだからできる、子どもの心のケア

【2020年5月1日  発】

新型コロナウイルスは、世界中ほぼすべての国の子どもたちに大きな影響を及ぼしています。日本も例外ではありません。

子どもたちの心は傷つきやすい。でも、子どもたちは、自分で回復する力も持っています。

「安らぎ」は「心のケア」の第一歩。
その「第一歩」が子どもの回復力を左右します。
あなたの力で子どもたちに「安らぎ」を与えてください。

ユニセフと9年前の東日本大震災で得た知見でまとめた「誰でもできる 子どもの心のケア」を紹介します。

災害時の心のケア

遊びを通した心のケア

※記事に出てくる「災害」や「被災地」などの言葉は「新型コロナウイルス感染症」などの言葉に置き換えてお読みください。


トップページへ先頭に戻る